男性型脱毛症(AGA)の原因と改善する方法は?

男性型脱毛症(AGA)の原因と改善する方法は?

髪の毛の悩みで最も多いもののひとつにAGA(エージーエー)があげられます。
年間で、1,260万人もの人がこの症状に悩まされているのです。
代表的なAGAの症状には、抜け毛が多い、なかなか髪の毛が伸びない、髪が薄く地肌が透けている、地肌が脂っぽいことなどがあります。
これらのうちのひとつにでも当てはまっていれば、AGAである可能性が高くなります。
頭頂部や生え際から薄毛が始まって行くのもAGAの特徴のひとつです。
AGAの原因としては遺伝と男性ホルモンの分泌の2つがあげられます。
よく父親が禿げているいるから自分も将来禿げるだろうと言う人がいますが、それはまんざら嘘ではないのです。
ドイツでなされた研究によると、禿げになる遺伝子というものがあり、その遺伝子を持っている人は将来禿げる可能性が高くなるそうです。
遺伝子なので親から子へと受け継がれていくことになります。
男性ホルモンの分泌が活発な人もAGAになる可能性があります。
男性ホルモンがテストステロンから作られるDHTと結合すると、脱毛へつながっていきます。
通常のヘアサイクルならば健やかに髪が成長していくはずですが、男性ホルモンとDHTの結合体の影響で髪の寿命が短くなったり、そのまま終わってしまうのです。
その他にも、過剰なストレスや乱れた食生活などがAGAヘつながっていくことがあります。
ストレスや食生活には十分注意して生活することが大切です。
また遺伝や男性ホルモンによるAGAの症状は、効果的な育毛剤やシャンプーなどを使うと改善していきます。
AGA専門のものを試してみると良いでしょう。

男性型脱毛症(AGA)を改善する方法は?

AGAの原因には、遺伝によるもの、男性ホルモンによるもの、ストレスや食生活によるものなどさまざまです。
ですから自分の家系はみな髪がフサフサしているから大丈夫だと安心することはできないのです。
反対に自分の父親が禿げているから、必ず自分も禿げると言うこともできません。
AGAにならないために普段から食生活に気をつけ、余計なストレスをためこまないことが大切になってきます。
鏡を見ていて髪の毛が薄くなってきたと思ったら、放っておかずにすぐ治療を始めることが髪の早期回復へとつながります。
AGAの治療法にはいくつかありますが、代表的なものは育毛剤、植毛、育毛メソセラピーなどです。
AGA専門の病院に行くと、育毛に効果のある錠剤や液体の育毛剤を処方してくれます。
一度で効果が出ることはまずないので、じっくりと続けて服用していくことになります。
そのためにも、信頼できる病院を探すことが必須になります。
植毛は非常に高価ですが、後頭部に生えている髪の毛を薄い部分に移植することです。
ただ移植して終わるのではなく、自分の毛なので移植後その周りにも新しい毛が生えてきてくれます。

育毛メソセラピーは、頭皮へ育毛剤を直接注射する治療方法になります。
定期的に病院に通って、続けて行くことが発毛の促進へとつながります。
現在は病院だけではなく天然の成分を使った髪に優しい育毛剤も販売されています。
天然の成分なので副作用などのリスクもなく、気軽に試せるのが特徴です。
また口コミなど、使った人のレポートもインターネットの掲示板などで見ることができます。

育毛剤ランキング

育毛剤を使いだしたことがきっかけで、髪にボリュームが出てくるようになりました。育毛剤を上手に使うことで髪の悩みを解決し、明るい生活を手に入れることができます。

育毛剤ランキングはこちら(トップページへ戻る)


この記事はあなたのお役に立ちましたか?

この記事が少しでもあなたの育毛に役立ちましたら、

是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです^^

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

本日のランキング応援クリックありがとうございました。