育毛を目指すためにヘアサイクルとは?

育毛を目指すためにヘアサイクルとは?

育毛を目指すためにはまず、髪の毛の基礎知識を知ることが大切です。



髪の毛は、爪と同じ肌の角質層が変化した皮膚の一部で、ケラチンと呼ばれるタンパク質で出来ています。



髪の毛の量は人によって多少違いますが、平均して約10万本あると言われており、1日に0.3から0.5ミリ、1ヶ月で約1センチ伸びて、普通にしていても1日50本から100本ほど抜け落ちていきます。



髪の毛には寿命があり、伸びて抜けるとまた新しく生えるを繰り返しています。



これをヘアサイクルと呼びます。



ヘアサイクルには、成長期、退行期、休止期があります。



毛根が成長して髪の毛が太くなり、たくさん伸びる時期を「成長期」といい、成長期が終わり細胞の活動が弱まる時期を「退行期」、成長を終えた髪の毛が抜けおち、新しい髪の毛を作る準備が行われる「休止期」と言います。



健康な人で成長期は約3から5年続きますが、この髪の寿命より早く抜けてしまうと薄毛になってしまいます。




育毛を目指している人は、自分のヘアサイクルを把握する事が大切です。



成長期に適切な育毛ケアをすることで、より効果的に育毛を実感することが出来るからです。




ヘアサイクルの環境が重要

頭皮環境が悪かったり、男性ホルモンの影響を受けたりしてヘアサイクルが乱れると、髪の成長期が短縮されてしまい薄毛や抜け毛の原因となります。



髪が十分に成長する前に抜けてしまうと、細くて、色素の薄い産毛のような状態になってしまいます。



この状態を放置しておくと、産毛のような細い髪の割合が増えて、いわゆるハゲの状態に進行してしまいます。



薄毛に悩んでいる人は、一度自分の髪の状態をチェックしてみましょう。



もし、髪が産毛のような状態であっても生えてきているのであれば、毛母細胞が生きているという証拠なので育毛ケアをすることで状態を改善することができます。



育毛の基本は、ヘアサイクルを整えることです。



ヘアサイクルを整えて、髪の成長期の期間を正常な状態に戻すことが育毛につながります。



頭皮の汚れ、睡眠不足、栄養バランスの偏りなどは髪の成長を妨げてしまいますので、ヘアサイクルを整えるためには、清潔な頭皮環境を作ることと規則正しい食生活を送ることが大切になります。

育毛剤ランキング

育毛剤を使いだしたことがきっかけで、髪にボリュームが出てくるようになりました。育毛剤を上手に使うことで髪の悩みを解決し、明るい生活を手に入れることができます。

育毛剤ランキングはこちら(トップページへ戻る)


この記事はあなたのお役に立ちましたか?

この記事が少しでもあなたの育毛に役立ちましたら、

是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです^^

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

本日のランキング応援クリックありがとうございました。