男性ホルモンと薄毛の関係とは

男性ホルモンと薄毛の関係とは

男性ホルモンが多いと、体毛やヒゲが濃くなって、頭は薄毛になるという話を聞いたことはありませんか。

実は、男性ホルモンには薄毛と密接な関係があるんです。

人体には、男女に関わらず、男性ホルモンと女性ホルモンの両方を持っています。

男性ホルモンのテストステロンには、男性らしい筋肉のついた身体や骨格を形成して体毛を濃くし、攻撃的な思考や闘争的な思考、性欲や性器の形成などの役割があります。

逆に、女性ホルモンにはしなやかな身体を作り、自律神経を安定させて、美しい髪を維持し、生理や妊娠をコントロールする役割があります。

つまり、髪は女性ホルモン、体毛は男性ホルモンの影響を受けて形成されているということになります。

ただし、テストステロンには、毛髪を太くする作用もあります。

テストステロンは精巣で分泌され、20代でピークを迎え、30代になると徐々に少なくなっていきます。

テストステロンが還元酵素の5αリダクターゼの働きによって活性化されると、ジヒドロテストステロン(DHT)に変化させられてしまいます。

DHTは非常に強力で、髪を作る元であるたんぱく質の合成を邪魔したり、過剰に皮脂を分泌させて毛穴を塞いでしまうため、短く細い髪しか作ることができず、やがて抜け落ちて薄毛が進行してしまいます。

とくにDHTの影響を受けやすいのが頭頂部や額の生え際あたりで、髪が薄くなりやすいです。

それ以外の側頭部や後頭部はあまり影響を受けないのでその部分には髪がふさふさで残っているわけです。

男性型脱毛症AGAはこのようなメカニズムで発症するため、誰でも発症する可能性があります。

AGAの治療薬のプロペシアは、5αリダクターゼの働きを阻害し、DHTの生成を抑制する効果があるので効果的だとされています。

医療機関で男性ホルモンが原因の薄毛だと診断された場合には、治療薬などと併せて、男性ホルモンを抑制させる緑茶やアロエなどを普段から摂取すると効果的です。

最近では、ソーパルメットが5αリダクターゼの抑制に効果があるとも言われており、サプリメントでも摂取することができますよ。

育毛剤ランキング

育毛剤を使いだしたことがきっかけで、髪にボリュームが出てくるようになりました。育毛剤を上手に使うことで髪の悩みを解決し、明るい生活を手に入れることができます。

育毛剤ランキングはこちら(トップページへ戻る)


この記事はあなたのお役に立ちましたか?

この記事が少しでもあなたの育毛に役立ちましたら、

是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです^^

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

本日のランキング応援クリックありがとうございました。