育毛のために食生活を見直そう

育毛のために食生活を見直そう

育毛のために、食生活を見直してみましょう。

髪の成長を促すためには、髪を育てる毛母細胞はもちろん健康な体を作ることが大切です。



育毛のためには、髪の成長に良いとされている食べ物を摂る事はもちろんですが、1日3回規則正しく、バランスのよい食事を心掛けることが大切です。



朝はついつい食事を抜いてしまったり、夜は遅い時間に食べることが多くなってしまったり、1人暮らしでついつい外食が増えてしまったり、現代人の食生活は何かと乱れがちですが、乱れた食生活は育毛に悪影響を与えます。



まずは、決められた時間に1日3食しっかりと食べることを心掛けましょう。



また、好き嫌いが多い人や、肉食に偏って野菜不足になっている人は食事の内容も今一度見直してみましょう。



育毛に良い食べ物

食事の基本は、1日3食規則正しく、バランスよくとることですが、育毛に良いと呼ばれる食べ物も積極的に摂取するようにしましょう。



肉よりも魚や卵、豆類などのタンパク質やホウレン草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜、海藻類などがお薦めです。




また育毛には、身体の冷えは良くなく、血行を促進することが大切です。

血行を良くするビタミンEを豊富に含んだ食材は、オリーブオイルや玄米、ナッツ類やゴマ、小麦粉、卵など穀物系の食材や緑黄色野菜などが挙げられます。




また、にんにくや玉ねぎなどの香味野菜は、血行を良くして毛母細胞の働きを助ける効果があります。



その他にも、ビタミンBやビタミンAなど様々なビタミンが育毛に効果があると言われています。
野菜不足を感じている人は、しっかりと野菜を摂取して育毛を目指しましょう。



育毛に悪い食べ物

育毛には、食生活が非常に重要だという事はわかっていただけたと思いますが、育毛のために摂取を控えた方がよい食べ物にはどんなものがあるのでしょう。




基本的に、身体に良い食べ物は育毛にも良く、身体に悪い食べ物は育毛にも悪いです。

例えば、塩分や油脂分の多い食べ物やコーヒーやキムチ、炭酸飲料などの刺激物、糖分を多く含んだ食品などです。




基本的に、スナック菓子やカップラーメンなどの加工食品やファーストフードは塩分や油脂分が多く育毛にも悪い影響を与えますので、育毛の事を考えると、このようなジャンクフードの摂取は控えましょう。




また、発汗作用があって血行を良くすると言われるキムチですが、刺激のある香辛料や塩分は脱毛を促進する働きがるので、育毛を気にする人は控えたほうがいい食べ物です。



育毛剤ランキング

育毛剤を使いだしたことがきっかけで、髪にボリュームが出てくるようになりました。育毛剤を上手に使うことで髪の悩みを解決し、明るい生活を手に入れることができます。

育毛剤ランキングはこちら(トップページへ戻る)


この記事はあなたのお役に立ちましたか?

この記事が少しでもあなたの育毛に役立ちましたら、

是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです^^

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

本日のランキング応援クリックありがとうございました。