壮年性脱毛症とは?

壮年性脱毛症とは?

髪の毛に関する様々な悩みを解決するには、自分の髪が直面している症状が何かを見極める必要があります。

ストレスによる脱毛症や円形脱毛症など症状によって治療方法が異なってくるからです。

壮年性脱毛症も数ある髪の悩みのひとつですが、あまりなじみのない名前かもしれません。

壮年性脱毛症は若はげと呼ばれることもあり、こちらの名前は一般に知名度が高くなっています。

20歳を過ぎたころから徐々に髪の毛が薄くなり、加齢とともに抜け毛や薄毛が増えて行く症状です。

AGAとは男性型脱毛症のことですが、実は壮年性脱毛症もAGAに含まれる症状のひとつです。
ただし壮年性脱毛症は男性だけではなく、女性にも発症するのがAGAとの大きな違いになっています。
壮年性脱毛症は、ヘアサイクルの乱れによって毛包が小さくなっていきます。
その結果、誰が見ても明らかに髪の毛が細く、短くなっていきます。
この症状は男性の場合、額の生え際や頭頂部から始まることが多く、額と頭頂部のはげが後につながっていきます。
男性の場合は、遺伝や男性ホルモンが原因で壮年性脱毛症になりますが、女性の場合でもこの男性ホルモンの影響で壮年性脱毛症になることがあります。
女性の体には、女性ホルモンだけではなく男性ホルモンのテストステロンも存在しているからです。
20代、30代の若い人でもこの壮年性脱毛症にかかることが多いです。
ただし突然はげが進行するということはないので、毎日鏡でチェックし、異変を感じたらすぐに治療を開始すれば、早期の回復へとつながります。

育毛剤ランキング

育毛剤を使いだしたことがきっかけで、髪にボリュームが出てくるようになりました。育毛剤を上手に使うことで髪の悩みを解決し、明るい生活を手に入れることができます。

育毛剤ランキングはこちら(トップページへ戻る)


この記事はあなたのお役に立ちましたか?

この記事が少しでもあなたの育毛に役立ちましたら、

是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです^^

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

本日のランキング応援クリックありがとうございました。