本当に薄毛は遺伝するのか

本当に薄毛は遺伝するのか

子供の頃は特に、自分の父や祖父が禿げていると、自分も禿げるんだろうなという悩みを持った人も多いのではないでしょうか。

小学生くらいのときは、禿げは遺伝するものだと信じていて、みんなで笑い話にしたりしたものですが、当の本人にとってみれば、とても深刻な問題ではなかったでしょうか。

結局のところ、薄毛というのは遺伝するのか?いろんな専門家がこの件について答えを出していますが、実際のところ、それぞれの見解があり意見が異なっています。

子供が親から遺伝子を引き継ぐとき、情報としてホルモンの分泌量や体質の特徴などを受け継ぎます。

薄毛そのものを引き継ぐわけではありません。

そのため、100%薄毛が遺伝するとは言い切れないのです。

遺伝情報として、ホルモンの分泌量を受け継ぐなら、男性ホルモンが原因の薄毛が起こりやすいとも考えられますが、実際にはホルモンの量と薄毛が引き起こされることには、直接的な関係はないと言われています。

ホルモンが還元酵素の5αリダクターゼと結びつきやすいかどうかということが、AGAを発症しやすいかどうかということになります。

毛髪の成長自体は、遺伝やホルモンのような体内の要因だけでなく、生活習慣や紫外線、ストレス、食生活など、様々な外的要因の影響を受けるため、治療するときに体内の要因と外的要因のどちらに注目するかによって異なる見解があるのです。

しかし、どちらにしても治療方法や育毛ケアに変わりはありません。

親族に薄毛の人がいるから、自分も同じようになると決めつけず、育毛ケアを行って頭皮や毛髪の環境を変えてあげることが大切です。

丈夫な髪を作る土壌でもある頭皮を健康にするためには、良質な睡眠、栄養バランスのいい食事、適度な運動、ストレス解消などの生活習慣を改善し、規則正しい生活を送ることが大切です。

また、併せて育毛剤や育毛サプリメントなどを使って効果を高めることで、将来の薄毛を抑制したり、遅らせたりすることが可能なのです。

育毛剤ランキング

育毛剤を使いだしたことがきっかけで、髪にボリュームが出てくるようになりました。育毛剤を上手に使うことで髪の悩みを解決し、明るい生活を手に入れることができます。

育毛剤ランキングはこちら(トップページへ戻る)


この記事はあなたのお役に立ちましたか?

この記事が少しでもあなたの育毛に役立ちましたら、

是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです^^

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

本日のランキング応援クリックありがとうございました。