薄毛の種類で対処法も違う

薄毛の種類で対処法も違う

薄毛の種類にはいろんなタイプが存在します。

薄毛の種類によって効果的な対策が異なるので、きちんと判断することが大切です。

男性型脱毛症AGAは、番組やCMでも取り上げられ、薄毛の大多数を占めます。

遺伝や男性ホルモンが原因で発症する進行性の脱毛症なので、専門クリニックで診断を受けて治療していくのがおすすめです。

脂漏性脱毛症は、頭皮を保護する皮脂が過剰分泌されることが原因で引き起こされる脱毛症で、余分な皮脂を取り除いて頭皮を清潔にすることが改善のポイントです。

ただし、頭皮に必要な分の皮脂も洗い流してしまうと、頭皮が乾燥するため、さらに過剰に皮脂が分泌されるようになるので注意。

過度なダイエットで食事制限をすると、毛髪に運ばれる栄養が不足してしまい、抜け毛や薄毛の原因になります。

ダイエットをする場合は、栄養のバランスを心がけるようにしましょう。

病気を患っていて薬を飲むと、薬の副作用による脱毛が引き起こされることがあります。

薬の服用を止めると症状は改善されるので、医師に相談してみると良いでしょう。

男性でもファッションの一環で長髪にして、後ろに強く引っ張って縛ったりしますよね。

それが原因で起こるのが牽引性脱毛症です。

強く引っ張って固定するような髪型を長期間くり返したりせず、髪を引っ張らない髪型に変えると改善されます。

強いストレスを受けるとできるといわれているのは、円形脱毛症です。

突然ごそっと髪が抜け落ちるのでとても驚きますが、はっきりとした原因は未だわかっていません。

自然に改善されることが多いですが、保険が適用できるので医師に相談して治療を受けましょう。

加齢によって60歳以上の人に良く見られるのは老人性脱毛症です。

老化が原因で、徐々に髪自体が細くなり薄くなっていきます。

生活習慣による脱毛は、食の欧米化が進み、脂っぽい食事が多く野菜の摂取量が減少したことが原因で起こる脱毛です。

たんぱく質やビタミン、ミネラルなどを積極的に摂取して食生活を改善することが大切です。

薄毛の種類によって原因も対処法も異なります。

自分の薄毛がどのタイプか見分けるのも改善のポイントといえるでしょう。

育毛剤ランキング

育毛剤を使いだしたことがきっかけで、髪にボリュームが出てくるようになりました。育毛剤を上手に使うことで髪の悩みを解決し、明るい生活を手に入れることができます。

育毛剤ランキングはこちら(トップページへ戻る)


この記事はあなたのお役に立ちましたか?

この記事が少しでもあなたの育毛に役立ちましたら、

是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです^^

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

本日のランキング応援クリックありがとうございました。